ワイン製造装置のメンテナンス

ワインを作るための設備メンテナンスは、ワインを作るためには良いワイン製造装置を持たなければならず、良いワイン製造装置は、ワイン製造装置のメンテナンス後、装置のメンテナンス、ワイン製造装置のサービス寿命が長くなる醸造所を正しく維持するには? 皆のために組織されたワイン製造装置のメンテナンスを見てみましょう:

ワインを作る機器のメンテナンス:メンテナンスよりメンテナンスよりメンテナンス:メンテナンスは、定期的または不規則なメンテナンス検査を実施する生産設備の通常の操作です、その目的は、生産設備が発生しないまたは少ない障害を確保することです、機能部門は、メンテナンスと修理は原則に従う必要があります。 独自の柔軟な把握の使用と管理によってメンテナンス時間は、自律的な計画と制御することができ、積極的で積極的な予防保守手段です。 修復は、生産設備の修理に失敗した、目的は、生産設備の正常な動作を確保するために、元の機能を復元することです。 修理時間は、保守スタッフ自身によって維持されていない、計画と制御可能性が悪いですが、受動的な、負のメンテナンス手段です。

高効率・省エネルギー醸造設備の適用範囲

蒸留酒:シャン蒸留米酒、もち米酒、ソルガムワイン、コーンワイン、小麦ワインなどの食品ワイン、シャン蒸留梨ワイン、ワイン、サイダー、フルーツワイン、蓮のワイン、ヤムワイン。

滅菌:酒、醤油、飼料、豆腐などの加工、製造、滅菌に使用できます。

蒸留:この機器のバレルは、ボイラー上の機器のためにもう一つの米を使用することができますボイラーの2つの蒸気パイプがある限り、他の鍋を詰め、同じ時間の米で蒸しワインにすることができます時間と燃料。