ワイン製造装置知識の紹介

ワインの種類に応じて酒を作る機器は、酒器、ビール機器、ワイン機器、米ワイン機器などに分けることができます。 醸造装置醸造の原則によると、発酵装置、醸造装置と蒸留装置だけでなく、後の包装充填装置に分けることができます。 材料に応じて酒を作る機器は、木製醸造装置、レンガ造りのワインの設備、ステンレス製の醸造用の設備、アルミニウムの酒造り用の設備、錫のワインの設備およびその他のものに分けることができます。

例として酒類の機器を取る、木材とレンガの混合物は、漏れ蒸気、嵩張り、移動が困難なため、古代の伝統的な醸造装置です、低いワイン率の理由が排除されています。 高価なため、酒造り装置は普及しにくい。 だから今人気のある醸造機器は、主にアルミニウム機器とステンレス鋼の機器です。 スペースはアルミニウムかステンレスか?

アルミニウム醸造装置はまだ市場シェアの大部分を占めており、アルミニウムの密度は小さいので、アルミニウムワインの設備は通常非常に軽く、持ち運びが容易です。 アルミニウムの熱伝導性能は良好ですので、アルミニウムワインの設備の熱効率は非常に高く、燃料を節約し、ワインから速く、ワインの割合が高いです。 アルミニウムのコストは低いので、アルミニウムのワインの機器の価格は比較的安く、消費者が認識しやすいです。 しかし、溶接アルミニウムはより明白な溶接レーンを残すので、アルミニウムワイン装置は一般的にわずかに粗く見え、アルミニウムの光沢が低いため、アルミニウムワイン装置全体の美しさが大幅に低下する。 業界では、アルミニウムは人体に有害であるという噂があります。そのため、アルミ製の醸造設備も身体に有害です。 実際、この議論は精査の対象とはならない。 まず、人体に有害なのはアルミニウムではなく、アルミニウムイオンであり、酸性条件ではアルミニウムのみがアルミニウムイオンに変換され、全蒸留プロセスは中性環境と言える。 第二に、非常に安定したアルミニウムの性質のために、緻密なアルミニウム膜を形成するためにその表面の空気によって容易に酸化される常温のアルミニウムは、外部とアルミニウムの化学反応を停止することができます。 さらに、アルミニウムまたは "有名な"耐火物は、高温の数千度に耐えることができ、酒類の存在に起因する酒の蒸留プロセスは100度に達することができます。 だから、アルミニウム装置が身体に有害であるという主張は容認できません。

醸造機器市場のもう一つは、ステンレス製の醸造機器です。 ステンレス鋼醸造装置高光沢、硬質の耐摩耗性、磨かれた溶接はほとんどなく、美しくて魅力的なので、消費者が好む。 しかし、ステンレス製の醸造設備の欠点は無視してはならないが、まずは性能。 ステンレス鋼の熱伝導率はアルミニウムの熱伝導率よりも悪いため、ワイン率が低く、燃料が消費されます。 第二に、ステンレス鋼のコストが高く、一般的なステンレス鋼醸造設備の価格は同じタイプのアルミニウムワインの価格よりも高い。 純粋なステンレス鋼の機器性能の一般的な市場は非常に貧しいです、それは選択することをお勧めします。 最高のワイン製造装置はコンデンサーアルミニウム(高速アルミニウム熱伝導の利点を果たす)、バレルステンレス鋼(ステンレス耐摩耗性の利点を生かす)です。