ワイン メーカーの材料

ワインを作る装置の材料

現在、機器材料アルミ、ステンレス、銅の 3 種類、これら三種の材料の利点を持っているワインの市場の主流、ので時間の選択肢に自由に選択できます。 ワインは、果実酒作り機器のステンレス素材がより緩やかな、コスト効果の高いビューからは材料を醸造に最も適したと思います。

食品グレードのステンレス スチール、304,316,201、304 は最高、316 秒 201 は悪いが使用されます。しかし、一般的に、特別な要件がない限り、実際には、201 十分、ワインを作る装置の水がない限り、水質も悪くない、基本的に数十年は悪いされません。

ワイン メーカーの種類

市場で利用できるワイン製造装置の 2 つのタイプがある: 古い鍋および効率的なボイラーの蒸気省。昔ながらのパンは、伝統的なワイン醸造機器より致命的な欠点: 簡単にマスターが制御するため容易ではない場合でも、鍋を貼り付けます。高効率・省エネ蒸気ワイン鍋は現代科学の製品と技術の開発、前の機器と比較して多くの利点があります: 国立特許加熱技術の様々 な使用は決してポット現象を貼り付けるワインを作る機器歌の味だけ厚いワインです、今、販売することができます。 が付加価値のワインを格納されてことができます。リリースされた蒸留器の粒は、フィード、リーズのタンパク質含有量は 18% 以上に達することができる最高の繁殖に従事する酒の蒸留が供給でき豚、牛、羊、鹿、魚、鶏、アヒル、ガチョウ、などなど。したがって、効率的な省エネ蒸気酒装置を選択することをお勧めします。

ワインを作る装置の中古販売サービス

ここでは、サービスのレベルもブランドを判断する際に重要な要因であることを教えて少しの部分です。中古販売サービスが含まれます。

電話通信は、1 つが注意を払う必要があります、最初ワイン鍋を購入したい、電話相談にかけるメーカーを与える必要があるときは、小さなワインの機器を購入!質問をする、彼は満足な答えを与えることができる工場がまたことができるように場合かどうか、専門家を判断するための最初のステップです。この工場は信頼することができます、彼はすると思うし、解決を助けることができるあなたは、質問を表示しない場合