発酵法

PH、溶存酸素電極の補正。

タンクの殺菌。タンクに媒体に応じて、タンクを密封する必要に応じて追加大型オートクレーブと滅菌 (115 度 30 分)。

タンクの冷却、発酵段階で配置、インストールには良い。オープンの冷却水ポンプや換気パイプ換気の接続開始までのパワー調整発酵タンクに空気入口ノブ換気適切な電源、温度、pH、撹拌速度 640 r/分電源などの設定に 30 分、溶存酸素電極の設定値は 100。

温度安定性、パラメーターが正しい、ロッキング良い種にアクセス、発酵時間を開始、さまざまなパラメーターを記録し始めた。

発酵槽の電極、電極保存用 4 m の KCL のフラスコに挿入完了後の洗浄。